サーフィン経験6年!サーフィンの魅力について語る

サーフィン経験6年!サーフィンの魅力について語る

サーフィン経験6年!サーフィンの魅力について語る

私は趣味でサーフィンをやっています。
はじめて6年くらいになりますが、一年中週2度は海に通っています。
サーフィンを始めたきっかけは、友人からの誘いでした。

 

 

サーフボードが1本余っているけどやらないかという誘いに、流行しているのもあり二つ返事で承諾し、それから海通いが始まりました。
サーフィンは、ちゃらちゃらしているというイメージを持たれがちですし、実際に自分も始めるまではそう思っていました。

 

 

 

 

日焼してちゃらちゃら海に浮いているようなイメージを持っている方も多いかもしれませんし、見た目は茶髪や金髪で遊んでいそうに見える人が多いのも確かです。

 

 

 

 

ですが、実際はハードでストイック、命がけのスポーツです。

 

 

まず、サーフィンは波に乗るスポーツですが、波に乗るまで数か月かかります。

 

 

 

 

波は絶えず変化しますので、それに合わせてテイクオフするのは至難の業です。

 

 

初心者では当然乗れるわけもなく、誰でも数か月はかかります。

 

 

 

私はロングボードですのですぐに乗れるようになりましたが、上手に乗れるまでには何年もかかります。

 

 

 

 

サーフィンの最大の魅力とは、自然と一体化できるところです。

 

 

同じ波は二度と来ないので、一つ一つの波を大切に乗ります。

 

 

 

サーフィンのルールでは、一つの波は一人で乗るという決まりがあり、混んでいるときはなかなか守られませんが、ルールやマナーが重んじられるスポーツでもあります。

 

 

 

そのため、上下関係がかなり厳しく、そこも魅力です。

 

 

 

 

そのため、見た目と異なりあまりちゃらちゃらしている人はいません。

 

 

 

ちゃらちゃらしている人は、いつまでたっても波に乗れません。

 

 

 

真剣に練習した人だけが自然と一体化する喜びを得ることができます。

 

 

 

 

今後もますますサーフィンの魅力にとりつかれそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ