不労所得と優れたも知識による動画編集は、不思議なきっかけから

不労所得と優れたも知識による動画編集は、不思議なきっかけから

不労所得と優れたも知識による動画編集は、不思議なきっかけから

広告デザインの仕事をしています。自分で言うのも何ですが、私の優れた知識は、動画編集です。それはここ数年の事なのです。今では友人の結婚式であったり、メモリアルDVDなどをかなりのクオリティで作成して上げると喜んで頂けます。

 

 

 

その知識でお金儲けをしようとは更々なくて、本当に作った側の方が喜んでくれる事が嬉しくて、続けています。続ける事で、またスキルも上がるので、発注されると楽しく行っています。

 

 

 

 

この動画編集をやる様になったきっかけは、元々、こういった細かな創作関連は嫌いではなかったのですが、特に積極的にやる感じでもありませんでした。しかし、2011年3月11日の東日本大震災があった事で、職場の仕事は激減し、毎日の様に責任者が集まり会議が開かれました。

 

 

 

 

 

 

その会議は、後ろ向きな会議で、どう会社を畳むか継続するかと言う、継続を選んでも、かなりのダメージのあるどちらを選んでも地獄の様な選択についての毎日の会議に、私は途方に暮れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

東北の方々に比べればと頭では思っていても、空いた時間にとてつもない不安感が私を押し寄せてきます。そんな時にある新聞の中での数々の被災地の写真スライドを見た時に、何かの衝動にかられ、私も今のメモリアルスライド集を作ろうと思いました。

 

 

 

 

それは静止画と動画を織り交ぜた物を作ろうと思い実行する事となります。

 

 

 

 

 

 

今、考えますとその衝動的な行動は、何もしないと途方に暮れている私はろくな事を考えないのが自分でわかっていたので、その何もしない時間をただただ埋めたかったのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

しかし、動画編集と言っても、まずはそのアプリケーションを勉強するところからだと、とてつもない集中力で、プロレベルのアプリケーションを学び、短期間に自分の物に出来ました。

 

 

 

この集中力を今出せと言われても、きっと出ないと思います。好きこそ物の上手慣なれとは、まさにこの事だなと感じました。

 

 

そして、出来た動画編集のは、3.11の私なりの思いを入れました。私の子供達が大人になったら、リアルなものとして伝えるツールにしてもらいたいと思っています。

 

 

 

そんなきっかけで始めたので、知識や技術は向上しても、自分の最高の趣味として、今後も楽しみながら作業していきたいなと思っています。今は子供達の成長の過程をドキュメンタリータッチで楽しんでつくっています。

 

 

ビジネスも不労所得もスキルのアップも好きだから向上できるんだろうなって思いますね。

 

 

 

不労所得の公式サイト

 

 

ってな感じのイメージでサイトを運営するのも悪くないように感じますけどね。

 

 

 

日々のルーティーンワークの中で自分が本当に大切だと思ったことを繰り返し継続するしかなくて、毎日の不労所得を得る為のヒントはどこにでも転がっている。

 

 

 

 

散歩をする事で無駄な事を忘れることができるし、なんでも言える瞬間になる。


ホーム RSS購読 サイトマップ